投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


自家製納豆

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年10月 9日(金)22時03分50秒 KD036012002181.au-net.ne.jp
  カミさんのお父さん、毎年畑で収穫した大豆をがっぽり送ってくれる。
毎年、それらで自家製味噌を作って楽しんでいたが、
納豆菌が簡単に入手できることを知り、先日納豆作りに挑戦してみた。

写真1 柔らかく煮込んだ大豆で納豆作りに初挑戦!電気あんかを敷いたスチロールの箱の中でこれから24時間発酵させます。

写真2 24時間の発酵完了。が、やたら臭い…今まで納豆の匂いを臭いと感じたことはないのに臭い。

写真3 12時間の熟成完了。発酵終了直後の臭みは全くなくなり、うっすらといい匂い。刻んだネギと玉子の黄身、カラシを入れてかき混ぜ、醤油をたらしました。市販のより若干糸の引きが少なく感じましたが、美味しく出来上がりました。大成功!

思ったよりも簡単に美味しいのが出来てびっくり!
病みつきになりそうです。


 

ピザ!ぴざ!pizza!

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 9月30日(水)16時30分34秒 yzhnat-1185.ubcnet.jp
編集済
  先日山の家に客人を招いて、今年2回目、通算13回目のピザパーティーをしました。
お客人は、昔私が国立でピアノを弾かせてもらっていたお店の関係の方々。
お店の方は10数年前に閉店してしまっており、
このところは年賀状のみのやりとりだったママさんの「健太郎のピザが食べたい!」の一声で実現となりました。
ピザあとは、バーベキュー、そしてひたすら飲んで遅くまで盛り上がりました。

写真1 1枚目を窯に投入直前のちょっと緊張場面
写真2 マルゲリータ ピザ皿は前の週に焼きあがったばかりの最新作!
写真3 自作の燻製箱で燻したお肉やゆで卵、魚も楽しんでもらいました。
 

Re:残念

 投稿者:Hatch  投稿日:2015年 9月25日(金)12時59分57秒 197.221132148.m-net.ne.jp
  はたぢれいこ様、ご無沙汰しております。
この度はタイミングが合わず、とっても残念です。
来年は、なんとか土曜開催の調整をしていきたいと思います。
よろしくお願いします。
 

Re:残念

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 9月24日(木)17時30分20秒 yzhnat-1185.ubcnet.jp
  れいこさん、ご無沙汰してます!
メッセージありがとうございます!
来年はパパ・サラ結成20周年の記念の年ですし、
なんとしても土曜日に開催できるようにメンバーに呼びかけます。




 

残念

 投稿者:はたぢれいこメール  投稿日:2015年 9月22日(火)14時27分7秒 softbank220025212002.bbtec.net
編集済
  ご無沙汰です。久しぶりの投稿です。里子さんから来月ライブがあると聞き、30日金曜日に上京するのでもしやと、いつかな~とHPを開いたら16日金曜日で残念!パパサラ便りではみなさんお元気そうな様子で何よりです。11月日曜日も用事があり残念、土曜日なら行けるにに~と思っているので、来年は土曜日開催で宜しくお願いします  

今夜はライブ!

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 8月 7日(金)15時22分40秒 KD106180127034.au-net.ne.jp
  毎日暑いですね~!
この暑さを吹き飛ばすライブやります!
ぜひお越しを!
http://www.kenta90.com/papa/papalive.html
 

自家製味噌、天地返し

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 8月 5日(水)20時45分57秒 yzhnat-1185.ubcnet.jp
  今年の4月に仕込んだ自家製味噌の9号と10号の天地返しをしました。
バッチリいい感じで熟成が進んでましたよ!

9号は、去年美味しく出来た8号を少し混ぜて、
室温の上がりやすい2階に置いておいたので、
10号(8号混ぜず、1階に置いていた)よりもかなり熟成が進んでました。
9号と10号の風味の違いも楽しみです。
 

自家製のハムにベーコン

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 7月28日(火)12時54分23秒 yzhnat-1185.ubcnet.jp
  麺類が好きなのでパスタ料理にはよくベーコンを使うし、
夏は冷やし中華が定番で刻んだハムをがっぽり入れます。
でもハムとかベーコンって気になる添加物がてんこ盛りなんですよね…

気にしながら食べるのもなんだし…とネットで検索してみたら結構作るの簡単みたい。

写真1
スーパーで豚肩ロース肉のブロックを買ってきて、初挑戦!
なかなかの出来栄えでしょ?!
売ってるハムより断然美味しいです!
ただ豚肩ロースだと脂が多すぎるようなので、
豚もも肉と鶏胸肉を買ってきて、それぞれ今漬け込んでます。

写真2
今まで燻製といえばダッチオーブンを使った熱燻(100℃以上)しかやったことなく、
ベーコンを作るには温燻(70~80℃)が出来るある程度大きさのある箱が必要。
以前、タモリ倶楽部の番組で紹介されていた燻製箱を思い出しながら、ベニアと角材で作ってみました。
肉汁が垂れても大丈夫なように、箱前面の飛び出した部分でチップを燻す仕組みです。

写真3
ヒッコリーのチップで2時間ほど燻製、いい色に仕上がりました!
これを一晩寝かすと、ぐふふ!きっとめちゃくちゃ美味いことでしょう!

 

カミさんのブログ

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 7月24日(金)09時48分16秒 yzhnat-1185.ubcnet.jp
  今回のペナン旅行のレポート、カミさんがブログにまとめてくれました。
全部で22ページありますので、ご興味ある方、お時間のあるときにでもどうぞ。

1ページ目はここからどうぞ↓
http://ameblo.jp/satoko03/entry-12052642751.html
 

第2弾ペナンツアー

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 7月21日(火)09時48分56秒 KD059138037244.au-net.ne.jp
編集済
  先日2回目のマレーシアのペナンツアーを敢行してきました。
今回はホテルを利用せず全行程、ペナン島に住む友人宅に宿泊。
ペナン島は、イスラム教、仏教、道教、キリスト教などの施設が混在している地域で、故に食文化も多様多彩!
まぁ食べた!食べた!食べた!の食い倒れツアーとなりました。

写真1
マレーシアといえば私の大好きなウツボカズラの聖地。
ラウンドアバウトの交差点の中央にあるウツボカズラの巨大なモニュメント。
写真では見たことあったのですが、実物をみるとやはり大興奮!

写真2
天井からいっぱいのウツボカズラの鉢が吊るされているレストラン。
大好きなウツボカズラに囲まれながらの食事は、自然に笑みがこぼれます。

写真3
7月は果物の王様ドリアンの一番美味しい時期!
前回に続いて再挑戦!
写真は、ドリアンの中でも最高品種といわれ最も高価な「猫山王(マオサンワン)」。
今回は3種類のドリアンを食べましたが、これが最も甘くて濃厚な味わいでした。
お腹の中ですぐに発酵しだすので、食べて2時間はお酒を飲んではいけないそうです。

尚、日本に輸入されているドリアンは、そのほとんどがタイ産で、
「都市ガスのにおい」とか「生ゴミのにおい」といわれる臭さは、マレーシア産にはほとんど感じません。
 

山谷初男ライブ!

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 6月29日(月)12時29分57秒 KD036012000231.au-net.ne.jp
  山谷初男(はっぽん)の夢は夜ひらくコンサート
7/11(土)於 音楽実験室「新世界」
お時間がございましたら、ぜひご来場を!
【出演】山谷初男+三丁目の住人達
    友川カズキ+永畑雅人+石塚俊明
http://shinsekai9.jp/2015/07/11/happon/
 

今夜はパパ・サラ ライブ

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 6月26日(金)08時57分52秒 KD111107184162.au-net.ne.jp
  今夜はパパ・サラ ライブ!
いつものJR中央線国立駅南口下車3分のお店でやります!
http://www.kenta90.com/papa/papalive.html
 

14周年!

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 6月23日(火)22時43分16秒 KD036012002073.au-net.ne.jp
  お陰様で無事に結婚14周年を迎えることができました。
これからもよろしくお願い致します。
http://www.kenta90.com/kensato.html
 

山の家から

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 6月11日(木)18時55分39秒 yzhnat-1185.ubcnet.jp
  先日、今年4回目の陶芸窯を焚きました。
こちらに来た時に粘土をこねて、少しずつ作ってきた器たちです。

このところ冷却還元(炭化焼成、後還元)にこって、
この焼き方ばかりしてましたが、今回は還元焼成で焚きました。
焼き方が違うと、同じ粘土や釉薬を使っても、見た目が全然違ったものが焼きあがります。

還元焼成は、わざと不完全燃焼で窯を焚き、窯の内部の酸素を極力少なくすることで、
酸素を求めて荒れ狂う炎が、粘土や釉薬の中の微量な酸素までも奪いとろうと器の中まで入っていき、
粘土は焼き締まるし、釉薬も独特な焼き色を見せます。

写真1
今回の窯焚きの合格者勢揃い!
前回までの冷却還元(炭素を粘土や釉薬に取り込ます焼き方)と違う焚き方なので、
全体的に化粧土の白が強調された色合いになりました。
釉薬の配合をいろいろ変えたので、前回までの表面のザラザラ感はほとんどなく、
洗う際のスポンジも全然引っかかりません。

写真2
前回焼きがあまくて、今回釉薬を塗り直して焼いてみた湯飲み。
偶然にも私好みのいい感じになりました!
陶芸の神様から、更に励めよとのプレゼントをいただいた気分です!

写真3
今年初めて植えてみたズッキーニの株がやたら巨大化して、
周りに植えたナスやピーマンを覆っちゃう勢いです。
実も立派なのが次々収穫、ただ今まで食べたことがなかったので、
カミさんがネットでレシピを見つけてきては、試しにいろいろ作ってくれてます。
この日は、私がデュラムセモリナ粉100%の生パスタを打ったので、
プランターで育てているバジルで作ったソースと穫れたてズッキーニで作ってくれました。
なんだかキュウリのパスタに見えてしまうのは私だけ?
ぐふふ、味の方はとてもうまうまでしたぁ!

    
 

おやこ劇場の皆さん!ありがとうございました!

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 6月 8日(月)13時32分30秒 KD106139123246.au-net.ne.jp
  5月30日に横須賀おやこ劇場のみなさんと、
6月6日に海老名おやこ劇場のみなさんとパパ・サラ コンサートでした。
一生懸命耳を傾けてくれて、力いっぱいの手拍子、とっても素敵な音楽会になりました。
どうもありがとうございました!

 

バックで演奏してる山谷初男さんのライブ告知

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 5月11日(月)21時46分4秒 KD111237085037.au-net.ne.jp
編集済
  7月11日(土)に六本木で山谷初男さんが歌うことになりました。
友川カズキさんのグループとジョイントコンサートです。
会場はアンダーグラウンドシアター自由劇場跡のお店。
今日から予約受付開始だそうです。
詳細はこちらから→ http://shinsekai9.jp/2015/07/11/happon/
 

山の家より

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 5月 7日(木)08時48分4秒 yzhnat-1185.ubcnet.jp
  毎年参加していた5月3日のザよこはまパレードは去年で卒業、
おかげで友人との電話で明日からゴールデンウィークだと気がつく始末。
漠然と笠間の陶炎祭(ひまつり)と、銅版画家の上原修一氏の個展に行きたいと考えていたが、
いずれも連休中の開催なので、具体的な日程は決めていなかった。
そこへ飛び込んできた友人からの「ピザ食べたい!」の声。

というわけで日程を整理し、連休後半に約10ヶ月ぶりのピザパーティー開催の運びとなりました。
あまりにも急に決まったので、前もって練習&復習する時間がとれず、
ぶっつけ本番でのドッキドキのピザ焼きとなりましたが、まぁ概ねいい感じにいったのではないでしょうか。

焼いたのは全部で12枚。
この日のメニュー。

(1)マルゲリータ
(2)4種のチーズ
(3)きのこ
(4)サーモン
(5)ズッキーニ
(6)生ハム&ルッコラ。
(7)ゆで玉子
(8)ベーコン&ソーセージ
(9)ゴルゴンゾーラピカンテ&はちみつ
(10)アスパラレタスのドレッシングかけ
(11)照り焼きチキン
(12)バジル&オリーブ

使用したチーズ
ゴルゴンゾーラピカンテ(イタリア)
パルミジャーノ・レッジャーノ(イタリア)
ゴーダ(オランダ)
エメンタール(スイス)
モッツァレラ 北海道日高乳業(日本)

参加者は私も含めて6名。
皆さんパンパンのお腹をさすりさすり家路についていただきましたぁ!

写真1
1枚目のマリゲリータを焼くところ。
久しぶりのぶっつけ本番で、ピザ生地の成形の力加減を誤り四角くなってしまいましたが、
500℃弱の窯の温度調整がうまくいき、、投入1分ほどでモッツァレラがトロッと、生地はパリッと、
美味しそうにやきあがりました!

写真2
お腹いっぱい気味でペースが落ちてきた時に、強力な起爆剤になったゴルゴンゾーラピカンテ&はちみつ。
イメージ的にお菓子感は否めずなかなか焼いてみるチャンスがなかったが、食べてびっくり!
トロリと溶けたルゴンゾーラピカンテの塩っぱさとはちみつの甘さが、何とも言えない美味しさのハーモニー。
これははっきり言ってお菓子ではない!

写真3
12枚目で焼いたバジル&オリーブ。
生地に直接バジルソースを塗り、ゴーダとエメンタールをたっぷり削り落とす。
中央に黒オリーブの輪切り、周りにバジルの葉を散らし、パルミジャーノ・レッジャーノを削り散らす。
大人の雰囲気で締めてみました。

 

山の家より

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 4月23日(木)12時26分44秒 yzhnat-1185.ubcnet.jp
編集済
  うわ~!310000ゲットしてしまったぁ~!

春はいいですね~!

写真1 畑のアスパラガス、4年目の株から太いのが顔をだしました。
メチャうまそうです~!

写真2 カミさんはこごみとワラビ採り。
私はツクシ採り。はかまを取ってサッと茹でて、酢醤油が美味い。
頭が開く前の胞子がまだ飛んでないのが絶品です!

写真3 裏のタラの木。芽が出始めたので、低い枝のを採ってみました。
カミさんが揚げてくれて食べてみたけど、こりゃメチャ旨い!
もっと上の枝の芽を採る方法はないものか…
ちなみにタラの木は全体トゲだらけで登るのは無理。
高枝切り鋏しかないかなぁ…
 

山の家より

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 4月21日(火)22時39分22秒 yzhnat-1185.ubcnet.jp
  4月も半ばを過ぎて、いよいよ春本番!
山の家では、やらなきゃならないことというか、
やりたくてムズムズしていて、でも暖かくなるまではじっと我慢してたことが山済み!

写真1 4年前に種から育てたアスパラガス、今年も芽を出してくれました。
細い方が2年目、太いのは3年目、更にぶっとい4年目が顔を出すのが楽しみです。
この辺りは、5月の連休から畑を始めるのですが、
今年は暖かくなるのが早いように思えて、待ちきれずに開始しちゃいました!
苗は、きゅうり、なす、ピーマン、ミニトマト、長ネギを植え、
種はプランターに、ラディッシュ、ほうれん草、小松菜、バジルを蒔きました。
そして、種まきポットには、インゲンとスナップエンドウ。
「スーパーで買った方が安い」とカミさんに言われないように頑張ります!

写真2 今の時期になると薪棚はほとんど空っぽ。
というわけで、来冬に向けて薪を準備しなければなりません。
去年の夏入手しておいた丸太をチェーンソウで47cmずつ玉切りしていきます。
それを、電動の薪割り機で縦に割って薪にしていきます。
久しぶりのチェーンソウ、
エンジンの音を聞くと、怪我しないようにと気持ちが引き締まります。

写真3 増殖していく屋根、屋根、屋根…
始めピザ窯を作った時にその上に屋根を作ったのが第1弾で4年前の秋。
その横に隣接する形で、玄関からピザ窯まで濡れずに行けるように第2弾。
そして、陶芸窯を作った際に第3弾で3年前の秋。
ピザ窯の屋根と陶芸窯の屋根を繋いだのが第4弾で去年の夏。
そして今回、第5弾で陶芸窯の横に拡張しました。
 

パパ・サラ ライブ!

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 4月 8日(水)23時22分55秒 KD106136121041.au-net.ne.jp
  4月9日(木)は、パパ・サラ ライブ!
JR中央線国立駅南口下車3分のお店でやります!
http://www.kenta90.com/papa/papalive.html
 

焼きあがった器

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 4月 3日(金)21時54分57秒 KD106136100194.au-net.ne.jp
編集済
  先日、通算22回目、今年3回目の窯焚きをしました。
粘土をこねたり、いろいろ工夫しながら窯を焚くのも楽しいですが、
焼きあがった器を生活の中で使ってみるのも、何とも楽しい。
初めて使うときなんかは、ついつい食べ過ぎてしまったり…
写真は、今回焼きあがったものばかりです。

写真1
カミさんのリクエストで作った梅干し入れ。
お義母さんの漬けたのをたくさん頂いたのだけど、
台所の戸棚にしまっておいたのでは、ついつい食べそびれてしまう。
そんなわけで食卓の上に置いておくことにしました。

写真2
ポットと湯呑み。
100均で買っておいた90ミリの茶漉しが大きさピッタリでした。

写真3
今回焼きあがったばかりの食器のみで食事をしてみました。
自家製味噌の味噌汁に味噌炒め、最近始めた糠床の漬物です。
ご飯はロケットストーブで鉄釜、近所の沢の水で炊きました。
お米は群馬お義父さんの田んぼのお米です。
 

山の家より

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 4月 2日(木)03時27分59秒 yzhnat-1185.ubcnet.jp
  この季節、毎年我が家で恒例になった自家製味噌の仕込みをしました。
去年仕込んだ8号が結構良い出来で、今年は倍の量を仕込む計画。
お味噌汁だけでなく、納豆のタレの代わりにいれたり、お豆腐にちょんと乗せて食べたり、
もちろんキュウリなどの野菜もいけますよね!
ってなわけで、美味しくできると消費量も増えるってわけです。

写真1
まずは薪ストーブの上で6時間、ゆっくりと鉄鍋で大豆を煮込みます。
外から入ってくると、家の中、甘いお豆の香りでいっぱい!

写真2
今回の味噌の仕込みから大活躍のキッチンミンサー。
一番大変な豆つぶしの工程を難なくクリア出来ました。

写真3
自家製味噌、仕込み完了の図。
美味しくできた8号を種に仕込んだ9号と、今回単独の10号です。
 

山の家より

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 3月16日(月)10時07分41秒 KD036010133152.au-net.ne.jp
  最近の嬉しいこと…去年の暮れあたりまで1Lあたり100円ほどしていた灯油が、
このところの原油安で60円台に値下がりしていること。
暖をとるのに灯油を使っている家庭は、この冬、家計のやりくりに大助かりなことでしょう!

私の場合は、さらに趣味の陶芸で、窯を焚くのに灯油を使っているので、もうウッホウホです。
1回の窯焚きに以前は1万円ほど灯油代をかけていたのですが、
この灯油安に加え、更に要領良く焚けるようになってきたことも手伝って、今はその半分以下です。
去年は2ヶ月に1回のペースでしたが、今年はもう少し多く焚けそうです。うっしっし!

というわけで、先日今年2回目の窯焚きをしました。

今回も前回と同じように途中から薪を投入する還元焼成、
そして火を落とした後にも薪を投入する冷却還元の手法で焼きました。

ただ今回は窯底のレンガの配置を誤り、
煙突の引きが弱くなってしまい(煙突から熱を逃す量が少なくなってしまい)、
窯内の温度の高い所と低い所の差が大きくなってしまいました。
失敗は成功の元、これもいい勉強です。

写真1
還元焼成の際、薪を窯内に投入すると、煙突の先から炎が噴き出します。
お隣さんが900m離れている山の中だからこそ出来る焚き方で、
街中でやったら、そく消防車のサイレンが響き渡ることでしょう。

写真2
今回の焼き上がり。
とりあえず割れることなく、粘土はしっかり焼けているので器として使えるもののみ。
だけど白っぽい部分は、すべて温度が上がらなかった由。
40cmのピザ皿は割れずに焼けましたが、半分は白くなってしまいました。

写真3
今回初挑戦した「茶香炉」
茶葉をロウソクで熱すると、部屋中にお茶の香りが広がります。
 

山の家より

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 2月25日(水)17時36分28秒 yzhnat-1185.ubcnet.jp
編集済
  6年前から山の家で作り始めた自家製味噌。
材料の大豆は、カミさんのお父さんが畑で作ったのを毎年送ってもらっている。

指でつぶせるほどに柔らかく煮込んだ大豆に、
塩と麹を混ぜて1年ほど寝かせるだけなのだが、
これがどうしたわけか作るたびに違った味になる。

写真は、去年の春に仕込んだ自家製味噌8号、先日味見ですくったくぼみに醤油が溜まっていた。
大豆や塩の量に対して、麹が少なかったのでゆっくり目の発酵状態。
味噌汁には物足りないが、醤油の代わりに納豆に入れると美味い。辛子より七味が合う。
溜まり醤油は、トロッと甘みがあり、豆腐にかけてみた。
 

今日はコンサート

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 2月15日(日)07時59分24秒 KD106149063193.au-net.ne.jp
  今日は午後2時から東久留米市南部地域センターでパパ・サラ コンサート。お近くの方は是非どうぞ!
http://www.kenta90.com/papa/papalive.html
 

本日パパ・サラライブ!

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 2月 6日(金)11時41分50秒 KD106149195074.au-net.ne.jp
  本日、ホームグランドのくにたち・はっぽんにてライブやります!
http://www.kenta90.com/papa/papalive.html
 

山の家より

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 1月30日(金)18時06分23秒 KD059136011167.au-net.ne.jp
  先日、第20回目の窯焚きをしました。
窯焚き自体は、ほぼ計画通り窯内の温度を上げていって、
約15時間ほどで、使用する灯油は3缶半ぐらい。
24時間以上焚いて灯油5缶以上使っていた以前と比べると、
バーナーの扱い、火加減その他いろいろ随分と手慣れてきました。

今回は、窯内を徹底的に酸欠にして、粘土や釉薬の中の酸素を取り出す焼き方をしました。
還元焼成+冷却還元という焼き方です。

写真1
窯内を酸欠にする方法は、窯内への薪の投入です。
粘土や釉薬に影響を与える窯内温度900℃を越えると、
50℃上昇するごとに薪を5本ずつ投入していきます。
投入すると炎が酸素を求めて飛び出して来ます。
薪が燃えるとき温度を奪うので、窯内温度は10℃前後下がります。
1200℃になるまで続けます。

写真2
窯出し直後です。
赤茶色っぽいのが、オリジナルの白化粧土に灰を吹き付けたもの。
マグカップや湯呑みは、前回と前々回の焼き直しです。
焙烙は何も塗っていません。

写真3
初めて焼いた急須は、横っ腹にヒビで撃沈でした…
白化粧土は塗らず、灰だけを軽く吹きかけました。
 

山の家より

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 1月26日(月)00時03分51秒 KD106149203142.au-net.ne.jp
  冬の間はカミさんは東京での仕事が忙しく、
時間ができると私一人で粘土を練りに山の家に通っています。

写真1
山の天気は変わりやすく突然の雪、なんてことも。

写真2
最近はお皿や丼だけでなく、
カミさんのリクエストで焙烙(ほうろく)なんかにも挑戦してます。
茶葉や豆などを炒る時に使うので、重たいと致命的。なんで出来るだけ薄く作ってみました。

写真3
初挑戦の急須。集中力途切れそうになりながらも、何とか急須と呼べるであろうものが出来ました。
フタの取っ手は、ケーキのモンブラン風にしてみました。
 

賀正

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2015年 1月 1日(木)00時01分10秒 yzhnat-1185.ubcnet.jp
  明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

山梨の山の家での初めての年越しでした。

ご挨拶 → http://www.kenta90.com/kensato.html
 

ライブ

 投稿者:kenta90メール  投稿日:2014年12月26日(金)08時04分48秒 KD106149212129.au-net.ne.jp
  今夜はパパ・サラ ライブ!
http://www.kenta90.com/papa/papalive.html
 

/78